【貴方は実践できてる?】15年会社員を勤めてわかった「出来る人と出来ない人の違い、10の特徴+1」

記事が役に立った場合は、ソーシャルシェアボタンでシェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
Zipper/Foing office / sxates

今回の記事は出来る人と出来ない人の特徴についてです。

15年も会社勤めをしていると「出来る人=成果を上げる人」「出来ない人=成果を上げられない人」がわかるようになってきます。けして「オーラが見えるとか」「特殊なメガネをかけると数値が見える」とかではありませんよ。

成果を上げる人は飛び抜けた能力がなくてもポイントを押さえ、さらに実行する力を持っているんです

彼らはだいたい同じような特徴を持っている事がわかったので纏めてみました。

もちろん出来る人も全て実践している方は希ですが、当てはまっている人が多い傾向にあります。

実践できれば貴方も出来る人になれるかも??

SPONSERD LINK
GoogleAdsense 336×280

出来る人の特徴

ポジティブである

彼らは非常にポジティブです。物事は視点1つで良くも悪くもなることを知っているのです。ただの脳天気ではなく、一見悪いところが目立つような事であっても良いところを探し、進捗していることを見つけます。

リーダーの性格は部下の能力にも影響することを知っています。ポジティブなリーダーの部下の能力を100とすれば、同じ部下であってもネガティブなリーダーのもとでは~80程度しか能力を発揮していないように感じます。

  • ポジティブである
  • リーダーの性格は部下にうつることを知っている

報・連・相(報告、連絡、相談のやり方)

彼らは報告、連絡、相談がとても上手です。ただ単に報告や連絡をするのではありません。より効果的に行っています。

彼らは報告や連絡しているとき、相手の時間を奪っていることを知っています。そのため、ダラダラせずに結論から伝えて簡潔に済まします。また、聞き手が勘違いしないように数値や共通の尺度を利用して表現します。

重要度が低い場合などはメールを活用しています。メールは相手の都合の良い時に見ることができるツールであることを知っています。

伝えるタイミングも重要です。報告や連絡は相手から聞かれてからでは遅いです。彼らはコミュニケーションを取りながら、細かく報告していることが多いです。聞き手も「これから報告します」と言われると身構えますが、コミュニケーションの中にさらっと混ぜ込んでいるので聞きやすいようです。また、結果として報告の回数が増えているので、聞き手の中にも残りやすいようです。

特に相談のやり方が絶妙です。相談のやり方ひとつで味方を増やせる方法があるんです。それははまたの機会に!

  • 報告、連絡は結論から伝えている
  • 表現は出来るだけ数値化している
  • 意見や推測を混ぜるときは意見であることを明確にしている
  • メールは相手への負担の少ない連絡ツールとして利用している
  • 聞かれる前に伝えている

集中力

彼らは物事をやり遂げる集中力が非常に高いです。全てを一気に終わらせるというより、自分で決めたタスクを短時間に終わらせているようです。これは逆にいうと短時間しか集中力がもたないから、集中力の続く間に終わらせているのかもしれません。何にしても集中力が高まっているときに一気に進めていくので、非常に効率良く進めていきます。

また、彼らは集中力の高め方を知っています。プロスポーツ選手が集中力を高めるために、好きな音楽を聴くなどが有名だと思います。因みに、私は「顔を冷水で洗う」です。シャキッとして気が引き締まります。

  • 集中力の続く間にやっている
  • 自分の集中力の高め方を知っている

意志の強さ

周りには色々な誘惑がありますが、彼らは基本的に誘惑に負けない意志の強さを持っていますやると決めたら、必ず最後までやり遂げます。そのためには誘惑に現を抜かすわけにはいかないのでしょう。また、誘惑のそばに近づかないようにもしています。そもそも誘惑に耐えるのも無駄なストレスになりますよね。

  • 最後までやり遂げる意志をもっている
  • 誘惑に負けない、誘惑に近づかないようにしている

優先順位

彼らは順番を付けるのが上手です。タイミングよく、片付けていくので成果も上がりやすいです。情勢を良く知っていますの付けている順序に根拠があります。これは彼らが情報収集も欠かさず行っている証拠です。

  • 根拠をもとに優先順位を付けている
  • 情報収集を欠かさず行っている

行動力

彼らは非常にフットワークが軽いです。良いと思ったことはすぐに検討しますし、嫌な事でもやるべき事なら直ぐにやります。なぜなら、彼らは悩むくらいなら行動した方が早くすむことを知っているからです。

  • 良いと思ったことはすぐにやる
  • 悩んでいる時間を使えば、終わらせることができることを知っている

タイムマネージメント&タスク管理

彼らは時間を上手く使います。また、自分の能力を良く知っているので精度の高いスケジューリングを行います。また、彼らのタスクは細かくわけられており、スケジューリングしやすいようになっています。なお、効率の悪いマルチタスクは行いません。

  • 時間の使い方が上手い
  • 精度の高いスケジュールを作っている
  • タスクを細かくわけている
  • マルチタスクをしていない

片付け

彼らの机はいつも綺麗に片付いています。また、いらないものをすぐに処分します。よくわからないからと言って、不要品を放置するようなことはなく、期限を設けて保管します。整理整頓も行き届いており、必要な物を必要な時に出せるようにしています。また、道具のメンテナンスも怠りません。

  • 整理整頓が行き届いている
  • 道具もメンテナンスしている

味方が多い

彼らには協力してくれる味方が多いです。また、正に諺の「類は友を呼ぶ」で、有能な人のそばには有能な人が集まってきます。そして持ちつ持たれつの関係を結び、お互いを助け合います。例外的に天才的な一匹狼がいますが、大半は一人でできる事はしれていると言えます。

逆に敵は少ない傾向にあります。無駄に敵を作ると、プロジェクトを遂行するにあたって支障を来すことを知っているからです。

  • 優秀な人の周りには優秀な人が集まる
  • 敵を作らないようにしている。

アピール

彼らはアピール上手です。タイミングを見計らって上手くアピールしています。くどくもなく、過剰も不足もしていない。彼らはほんの少し他の人より良い意味で目立つ方法を知っているのです。

器が大きい

彼らは小さい失敗に対して、グチグチ言いません。また、恥をかかせないように配慮しています。そんな人の下では部下も必要以上に失敗をおそれず、精一杯能力を発揮します。

番外編:歩く速度

仕事が出来る人はなぜか歩くスピードも速い傾向にあります。少しの時間も無駄にしないように行動しているって感じですね。少しの距離であっても小走りで移動していたりします。

  • 歩くのが速い

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は私が最近気になったことのみをピックアップしています。それにしても書き出してみると、出来る人はやっぱり凄いですね。

これらのことに心当たりのある方は意識してみてください。

「さすがに全部はちょっと・・・」ってなると思いますが、まずは出来るところから真似してみるといいですよ。

SPONSERD LINK
GoogleAdsense 336×280
GoogleAdsense 336×280

記事が役に立った場合は、ソーシャルシェアボタンでシェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする