【1ヶ月で10kg減!】ダイエットを成功させるには○○が90%を占める!

記事が役に立った場合は、ソーシャルシェアボタンでシェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
Start diet today / alancleaver

皆様お疲れ様です!

今日もサクッと仕事を終わらせて好きな事ができてますか?

今回の記事はダイエットを成功させる秘訣についてです。

皆さんもそうだと思うんですけど、社会人になってから運動を全くといって良いほどしてこなかったんです。というのも学生のころはスリムだったので自分は太らない!なんて意味不明な自信があったんです(笑)

しかし、現実はそう甘くありません。30歳を超えるとみるみる体重が増えていき、学生の頃から比べると15kg以上の体重増になりました!

このまま太れば大台にのるため、BMIの標準を狙って10kg減に挑戦しました。

SPONSERD LINK
GoogleAdsense 336×280

1ヶ月で-10kgに挑戦!

これまでダイエットなんてやったことが無かったので、何をすれば良いかわかりません。また、目標も1ヶ月で10kg減が妥当かどうかもわかっていませんでした。しかし、私は理数系なので、こんな風に考えちゃったんです(笑)

「摂取カロリーが消費カロリーを下回れば絶対に痩せるはず!」

ということで、ダイエットは「カロリー制限」をベースに進めました。

必要摂取カロリーの計算

カロリー制限をするにあたって、まずは必要摂取カロリーの計算です。必要摂取カロリーの計算は標準体重から計算する方法を採用しました。

  • 身長×身長×22=標準体重
  • 標準体重×25=必要摂取カロリー

この方法で計算すると私の身長が176cmなので

  • 1.76×1.76×22=68.1472kg→68kg
  • 68×25=1700kcal

これに生活する上で消費するカロリーを300kcalと低めに見積もって、摂取カロリーを2000lcalに設定しました。

食事管理の方法

2000kcalを守っていても食事の内容が疎かでは効果的でありません。しかし、これまた食事管理を徹底するといっても、どうすればいいかわかりませんでした(笑)

素人考えでは、「糖質、脂質は太りそうだ・・・、野菜と肉が良いと聞いたことがあるな。間食はダメだろう・・・」などなど。

食事=カロリーだけではありません。例えば、タンパク質を取らずにカロリー制限すると、どんどん筋肉が減っていきます。筋肉が減ると基礎代謝が下がるため、消費カロリーが減っていきます。こうなると食べなくても痩せにくいという最悪のパターンに陥ってしまいます。ですので、タンパク質を取りつつ、カロリー制限するために以下のルールを設けました。

10kg減ダイエットルール

  • 1日2000kcalに抑える
  • 朝、昼のご飯(米)をこれまでの1/3にする
  • 夜はご飯(米)禁止
  • パン、うどん、麺類は痩せるまで禁止
  • タンパク質を1日60g以上とる(ダイエット用ザバスプロテイン
  • 間食は禁止
  • ジュース、お酒も禁止
  • 飲み物は全てノンカロリーにする
  • 食品を買うときは全てカロリーを確認する

禁止事項が多くてちょっと厳しそうに見えると思いますが、実際やるとかなり厳しかったです!!何が辛いかというと炭水化物が食べれられないところがもう辛くて辛くて・・・。でも、決めた限りは痩せる!という強い意志のもと続けていきました。

ちなみに夜ご飯でお世話になったのは、豚バラと白菜のミルフィーユです。これは美味しいし、腹持ちも良く、かなりお世話になりました。ほぼ毎晩、食べてたと思います(笑)

また、タンパク質を1日60g以上とるのも難しかったです。これまで栄養素なんて見てこなかったんので、いざ見てみるとタンパク質がほとんど入っていない場合もありました。食事に関しては色々な兼ね合いがあるので、タンパク質の不足分はダイエット用ザバスプロテインで補いました。

リバウンドしにくい身体に改造

ダイエットに興味が出てきたので、ダイエット情報を集めるようになってきました。気になる情報としては「リバウンドした(元より太った)」という情報が多かったことです。どうも傾向としては食事管理だけで痩せている人がリバウンドしやすいように感じました。

原因は食事制限のやり方を間違えて、脂肪ではなく筋肉を減らしていたことでした。上でも少し触れていますが筋肉は適度な運動をしつつ、タンパク質をとらないと減っていきます。ですので食事制限+運動を検討しました。

ただし、運動の消費カロリーはあまり大きくありません。運動は筋肉を維持する目的で続けました。

運動1時間の消費カロリーの目安

  • ウォーキング    150~200kcal
  • ランニング     500~600kcal
  • 水泳(クロール)  1000~1300kcal

上でも書きましたが運動は10年ほど全くしてこなかったので、いきなり運動強度の高い種目をすると身体を壊す恐れがあります。運動初心者の私はダイエットの基本であるウォーキングを始めました。

【ダイエット・健康】運動初心者はウォーキングで決まり!

ウォーキングは毎日2時間、雨の日は家の中でWii Fitで歩きました。だんだん身体が慣れてくるので、ルートを起伏の激しいところに変えてみたり、鉄アレイ3kgを持って歩いたり、アンクルウェイトを付けたりして負荷を上げていきました。

ダイエットの結果

はじめの一週間はみるみる体重が減っていきましたが、二週間目に停滞期がきました。私の停滞期は5日間で全く体重が変わりませんでした。この停滞期は個人差があるようで、もっと苦労する人もいるようです。停滞期の辛いところは、いくら節制しても効果がでないところです。ここで心が折れてしまう人が出ますが、必ず停滞期も終わりますので我慢してください!

停滞期を乗り越えるとはじめの週と同じくらいの勢いで痩せていきました。

途中、何度もお酒や麺類の誘惑がありましたが、なんとか断って続けていきました。特に3週間目は中毒症状が出ているのか疑うくらい辛くて大変でしたね(笑)

その結果、なんとたった1ヶ月で10kg減に成功しました!

ダイエットを成功させるには

運動の消費カロリーを見ると、1時間ウォーキングしてもおにぎり1個程度です。こんな消費カロリーでは残念ながら痩せることは難しいです。脂肪1kgは7,000~9,000kcalと言われています。強めのウォーキングでも1kgの脂肪を落とすには40時間する必要があります。

では、答えです。薄々気づいていたと思いますが、ダイエットを成功させるには食事制限が90%を占めます。運動は筋肉維持程度で十分です。

ただし食事制限は日頃節制をしていないとかなり辛いです。周りには誘惑が多く、また付き合いなど不可抗力的なのもあります。

食事のメニューもレパートリーが少ないと飽きてきます(笑) しかも、カロリーの低いメニューは「美味しい!!」ものが少なくて段々嫌になってきます。

全てに通じますが、一番重要なのは継続です!ダイエットは苦行ですので、継続するには工夫することがポイントです。

ダイエットでストレスを溜めてませんか?

食事制限でダイエットすると我慢、我慢、我慢の連続でストレスが溜まってきます実はストレスもホルモンバランスを崩したりするため、ダイエットの天敵なんです!折角、苦しい思いをして食事制限しているのに、ストレスのせいで効果がでない・・・なんてことになりたくないですよね。

そこでダイエットのストレスを少しでも軽減するためにオススメしたいのが、ダイエット食品です。

ダイエット食品を利用しよう!

個人的な感想ですが、ダイエットで一番ストレスになったのは”食事”でした。基本的に炭水化物、脂質といった「旨い!」と感じる成分はNGですので、それらの少ないものを選んで食べることになります。もちろん食べる量も少ないですから満腹になれないモヤモヤ感も付きまといます・・・

  • 「美味しくない」
  • 「満腹感もない」

こんな状態では食事がどんどん苦痛になっていきます。。。

しかし、ダイエット食品はこれらの悩みを解決するために色んな工夫がされています!

しかも、リーズナブルな価格設定なので続けやすいのも魅力的!一部の製品は効果が見られなかったり、味の好みが合わなくても返品OKのものもまであるんです!

色々あるので、少しずつ紹介したいと思います。

えん麦のちから

低GI食品 食物繊維 無添加 無着色 β-グルカン 飲みやすい 初回割引あり プレゼントあり 全額返金保証あり

日本で「えん麦」の知名度はまだまだ低いですが、なんと米国タイム誌で「栄養機能が非常に高い10の食品」に選ばれたほど流行っているんです!

この「えん麦のちから」は、えん麦ふすま(オートブラン)を主成分にした粉末タイプの機能性食品で、食後の血糖値の上昇するスピードを数値化した「GI値」が低い『低GI食品』です。
GI値が低いと血糖値の上昇が緩やかになり、インシュリンの分泌が抑えられるので、
無駄な脂肪を溜めることもなくなり健康的なダイエットをサポートしてくれます。

さらに食物繊維が玄米の9倍!だから、便秘気味の方もお通じ改善が見込めます。

シンプルな原材料で無添加、無着色、ナチュラル志向で健康意識の高い方も満足の一品です。

  • 20代後半くらいからの代謝が落ちて痩せにくくなった方
  • 便秘でお悩みの方
  • 旦那さんやご両親の健康診断結果にお悩みの方

一つでも当てはまったら、一度効果を確認してみてください!

ヴィーナスレンダー プリティルール

リーンガード 難消化性デキストリン ガラクトマンナン ビートファイバー バーシトリン 飲みやすい 返金保証あり(送料・手数料必要、定期プランは適用外)

お得なプラン(3回目まで継続)で購入すると、1回目は500円、2~3回目は4,960円!

食べてキレイを目指すダイエットサプリ もう我慢しなくて大丈夫! 好きなものをたっぷり食べてもまとめてブロックしちゃいましょう!
注目のダイエット新成分リーンガード天然由来の食物繊維を配合したサプリメント
水と一緒にさっと飲むだけで、油分・炭水化物・糖分の吸収を抑えてくれます。

こちらのサイト油の吸着実験を見ると、ヴィーナスレンダーが油を吸着して包み込んでいることがわかります!

リーンガードは美容大国アメリカで特許&賞を取得。(ニュートラコン会議で最優秀新素材賞、トーマス・A・エジソン特許賞)

ハーブルサクセス ダイエッティー

食物繊維 天然ハーブ 飲みやすい 初回割引あり 返金保証あり(送料・手数料必要、定期プランおよび、お試しパックは適用外)

こちらの商品は読売新聞、毎日新聞や女性セブンなど多数の雑誌で紹介されているのでご存じの方も多いと思います。

ダイエッティーは飲むだけで、ポッコリ溜め込みを中から改善し、摂りすぎてしまう脂肪や糖にアプローチ、滞りがちな代謝を促してくれる60種の天然ハーブブレンドです!

便秘対策で大注目のキャンドルブッシュがなんと50%配合(1袋)されてます!キャンドルブッシュはビタミン、ミネラルもバランス良く含まれており、インドネシアやマレーシアなどでは1,300年も前から美容と健康のお茶として飲まれています!

厳選された天然ハーブを絶妙なバランスで配合しているため、「出す!抑える!燃やす!」の三つの働きで飲み続けるほどスッキリボディに!

  • 不規則なお通じ
  • カロリーオーバー
  • 基礎代謝の低下

一つでも当てはまる方は一度試してみませんか?

【アミノハニー酵素】

生酵素 アスタキサンチン トマトリコピン コラーゲン プロテオグリカン アミノ酸 初回送料のみ(実質無料)

酵素製品はたくさん出ていますがすべて同じではないんです!というのも、酵素は48℃以上でなくなっちゃうんです!つまり、酵素サプリや酵素ドリンクといった製品で48℃以上の過熱処理されていると酵素活性がなくなっちゃうんです。

ちなみに酵素は体温くらいの30~35℃くらいが一番元気!

その点、アミノハニー酵素は「生の酵素」だから実感力が違います!!さらに美容に嬉しい成分がたくさん入ってます!

  • トマトリコピン・・・トマトの304倍!
  • アスタキサンチン・・・還元力はビタミンEの110倍!
  • リペアパウダー・・・コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸が豊富
  • その他・・・メロンプラセンタ、プロテオグリカン、アサイー、クランベリー、マキベリー、リンゴベリー

だから、脅威のリピート率 97.5%!!

スリムブロッカー

カクタスフルーツ 白インゲン豆 パインファイバー キトサン 送料無料

ダイエット中だというのにどうしても食べちゃうそんな貴方に朗報です!

スリムブロッカーはブロックに特化したダイエットサプリです。普段の食事はそのままでとにかく溜め込みたくないダイエッターには非常に嬉しいサプリになってます。

<スリムブロッカーの素材>
  1. ハリウッドセレブに今大人気のブロック素材「カクタスフルーツ」
  2. 甘いものをコントロールする「パインファイバー」
  3. ダイエットの大敵、炭水化物をブロックする「白インゲン豆」
  4. 不要なアブラやぽちゃぽちゃを外に出す「キトサン」

無理しすぎないダイエットに挑戦してみませんか?

スリムブロッカーの購入はこちらから!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ダイエットを成功させるには食事制限が90%を占めるといっても過言ではありません。

「摂取カロリー < 消費カロリー」であれば必ず痩せます

しかし、皆さんわかっているのに食事制限は辛いため、ストレスや欲求に負けてしまう方も多いのも事実です。

私は苦行で10kg痩せましたが、もっと楽して痩せた方がいいと思います(笑)

出来れば笑顔でダイエットが成功することを祈ってます。

まずははじめの第一歩を踏み出してください!

SPONSERD LINK
GoogleAdsense 336×280
GoogleAdsense 336×280

記事が役に立った場合は、ソーシャルシェアボタンでシェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする