【自分時間】家事、仕事が忙しい人のための時間の作り方3選

記事が役に立った場合は、ソーシャルシェアボタンでシェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
Exploring Iowa Instameet / max-goldberg

毎日、仕事に家事、お疲れ様です!

一生懸命に家事や仕事を頑張っていると”もう寝る時間”なんてことになってませんか?

でも、手を抜くわけにもいかないし、これでも時間が足りないくらい・・・、という人はどうすればいいのでしょうか。

実は時間を作る方法はたくさんあります。まずはこれからご紹介する効果の出やすい3つの方法を試してください。

きっと貴方にあった方法が見つかると思います。

忙しい人のための時間の作り方3選

SPONSERD LINK
GoogleAdsense 336×280

効率を上げる

効率を上げるって、そんなことは言われなくてもわかってる!って思われるかもしれませんが、時間を作るためには非常に重要なポイントです。

では、何から効率を上げていけばいいのでしょうか。

私がお勧めしたいのがルーチンワークです。

皆さんの生活や仕事の何割かはルーチン化されていると思います。ルーチンワークって聞くと、「決まったことを決まったとおりにやっていく」って感じでしょうか。

実はこういったルーチン化された内容ほど効率化で改善効果が期待できます。

繰り返し行われるため、少しの改善であっても改善が蓄積され大きな時間となって返ってくるんです。まさに塵も積もれば山となるですね。

では一般的なルーチンワークを例に改善効果を見てみましょう。

家事全般(掃除、洗濯、炊事)

家事は代表的なルーチンワークのひとつです。家事はどうしても一日1~2時間発生しますが、大半は繰り返しで出来ています。

そのため家事で合理化や効率化が図れると間違いなく成果がでます。

また家事は家電や便利道具で改善できることが多いのも特徴です。

最近の家電は本当にすばらしい製品が多く、また価格もお手頃です。

少しの投資で大きく時間を買ってみるのはいかがでしょうか。

掃除を例にしてみると、週末にまとめて掃除機をかけるルーチンがあったとします。このとき使う掃除機の吸引力が悪く、掃除機をかけるのに1時間かかっていたとします。この掃除機を吸引力の強い掃除機にかえる(改善)すると15分の短縮になりました。
すると一ヶ月で 15分×4週間=60分の時間が生まれます。
なんと一年では 60分×12ヶ月=720分(12時間)もの時間が生まれます。
12時間もあれば色々なことができますね。

時短家電はこちら

【ルンバ870 vs ルンバ654】どちらも半年使ってわかったこと
皆様お疲れ様です!今日もサクッと家事を終わらせて好きな事ができてますか?家事ってなんだかんだで時間をとられて毎日2時間くらいかかってるそうで...

パソコン操作

パソコンも操作自体は繰り返して行うので、ルーチンワークといえます。ブラインドタッチやショートカットキーを覚えるなどで確実に作業の短縮化(改善)が図れます

パソコンの改善はひとつひとつを見ればたった数秒の短縮かもしれませんが、パソコン業務の多い方だと何万回も繰り返し行うことになるので 数秒×何万回・・・のように積み重なって着実に短縮が図れます。

ルーチン化された内容は思考を停止しがちですが、その中の無駄を見つけて改善することで大きな効果となって返ってきます。まずはルーチンを見直して効率化を図って見てください。

まずは覚えておきたいパソコン操作はこちら

【Windows】絶対に知っておいて損はしないパソコンの使い方
最近の図書館は”図書検索”から”貸し出し”までパソコン操作が必要なんですね。ちょっと観察していたら、小さい子供が一人で絵本を借りるためにパソ...

仕事を選ぶ

いやいや、仕事を選ぶ立場じゃないよ!って言われるかもしれませんが、仕事を選ぶことは非常に重要です。

残念ながら、人は聖人ばかりではありません。利己的で面倒なことや嫌なことを押し付けてきている可能性もあります。そういった仕事はうまく断ってください。

場合によっては気の乗らない仕事も断ってもいいかもしれません。気の乗らない仕事は完成度も低くなりやすいし、進捗も悪いことが多いです。そんな仕事に限って、足かせのように貴方を悪い方に引っ張ってしまうかもしれません。

出来ないことは出来ないし、出来ない仕事を請けると結果的に仕事を任せた人も困ってしまいます。

ただ、何でもかんでも仕事を断ることは貴方の立場を悪くするかもしれません。適度なバランスを持ってください。

私の場合は、余裕があるか、自分のためになるかを軸にして考えます。そもそも余裕がなければ受けれませんし、あとは自分の成長やスキルアップ、或いはその人を助けることで将来役に立つか、などです。

ただし、気分屋では貴方の評判が悪くなるかもしれませんので、何か”判断する軸”をもっている方がいいと思います。

他人に任せる

仕事って貴方しかできない事ばかりではありませんよね。

他人に任せられる仕事があるなら、思い切って任せてしまいましょう。ここには二種類の他人に任せるを提案します。

部下、同僚に仕事を任せる

一つ目は、業務の決定権があるのであれば、部下や同僚に仕事を任せてしまう方法です。当然、仕事を任せてしまえば、大幅に時間が生まれます。

ただ、よっぽど信頼できる人意外は丸投げは危険ですので、定期的な進捗管理をお勧めします。

もちろん、配偶者に任せるのもありです。ずっと頑張ってきたんだから、たまにはお願いしてみては如何でしょうか。

プロのサービスに任せる

二つ目はプロのサービスに任せるです。こちらはお金で解決です。例えば、家事代行サービスであればダスキンの「メリーメイド」が有名ですね。

このサービスは定期的に訪問し、要望や状況に合わせて掃除や家事を代行してくれます。もちろん、試しに一回だけというのもあります。

プロのサービスの場合、費用はかかりますが、仕上がりも良く、ほぼお任せできるので安心です。しかも、誰も嫌な気分になりません。

毎回お任せするのは費用的に難しいのであれば、三ヶ月に一回などでもいいと思います。

まとめ

貴方にもすぐに取り掛かれることがありましたでしょうか。残念ながら、万能な方法はありませんし、まとまった時間を一気に作り出すのは難しいかもしれません。

しかし、小さい積み重ねで必ず時間はできます。また、ある程度の費用をかければ、時間を買うこともできます。

プロのサービスは、いつも頑張っている貴方へのご褒美としてはいかがでしょうか。

また、急な来客やどうしても時間が必要なときに、一度試して見る価値はあると思いますよ。

少しでも貴方が時間を作るための役に立てれば幸いです。

SPONSERD LINK
GoogleAdsense 336×280
GoogleAdsense 336×280

記事が役に立った場合は、ソーシャルシェアボタンでシェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする