【Windows】絶対に知っておいて損はしないパソコンの使い方

記事が役に立った場合は、ソーシャルシェアボタンでシェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
The X Tab / lolobobo

最近の図書館は”図書検索”から”貸し出し”までパソコン操作が必要なんですね。ちょっと観察していたら、小さい子供が一人で絵本を借りるためにパソコンを操作していたことには、正直驚きを隠せませんでした。

言うまでもなく仕事においては大半の作業にパソコンが絡んできます。これだけ浸透しているわけですから、企業は社員にある程度のパソコンスキルはあるだろうと高を括っているわけです。

また年配の方だけでなく、若い人もスマートフォンやタブレットの普及でパソコンの習得率が下がってきているように感じます。

例えば、文章を考えることに時間がかかるのは品質を上げる上で理解できますが、道具であるパソコンの操作に時間がかかっていては時間が勿体ないですよね。パソコン操作が遅いと仕事の効率は上がりにくいので、まずは絶対に知っておいて損はしないパソコンの使い方をサクサクっと覚えて活用してみましょう。

キーボードとマウスの往復作業は思っている以上に無駄な時間がかかっています。また、身体への負担も大きいですので、減らすことを意識していく必要があります。

こういった細かいテクニックの積み重ねが仕事の効率化に繋がってきますので頑張っていきましょう!

普及率からWindows7がメインとなります。OSのバージョンが変わることで下記の操作が出来なくなるかもしれませんのでご注意ください

基本操作の効率化

SPONSERD LINK
GoogleAdsense 336×280

Windows ショートカットキー

まずは入力補助のTabキーを使おう!

Webでも良く見掛けますが、入力欄がわかれているようなことってありますよね。例えば、住所の登録であれば、名字、名前、郵便番号、住所など、入力欄を移動していくと思います。

これを入力してからマウスを持って移動してから、キーボードに移ってまた入力して、またマウス・・・なんてことはしなくても、キーボードの操作で入力欄やダイアログを移動できるんです。

ここではキーボードの左側にある Tabボタン を使います。Tabってどこですか?って人のために、場所を説明すると、ちょうど左手の小指ポジション(A)の左上くらいです。

  • Tab        ダイアログで次のオプションに移動する。
  • Shift + Tab    ダイアログで前のオプションに移動する。
  • Ctrl + Tab   ダイアログ内の次のオプション、次のタブに移動する
  • Alt + Tab          開いている項目を切り替える

これらは本当によく使いますし、入力や操作が楽になるのでオススメです。

よく使う例として、会社にきて一番始めにするログインがありますよね。そのときの「ユーザーID」と「パスワード」を入力する際もTabボタンで移動できますよ。

Ctrlボタンを使えば、右クリックが激減!

こちらも  キーボード→マウス→キーボード・・・といった往復作業を減らすのに効果的です。Ctrlボタンを押しながら、特定のアルファベットを押すと、マウス(右クリックなど)で行う操作がキーボードで出来ます。

  • Ctrl + A   すべて選択する
  • Ctrl + C   コピーする
  • Ctrl + V   貼り付け
  • Ctrl + X   切り取り
  • Ctrl + Z   元に戻す
  • Ctrl + Y   操作をやり直す

特に Ctrl+Zは大抵のソフトで大活躍しますので、是非使ってください!

ファンクションキーもよく使います

キーボードの上段にあるけど、あまり使ったことがないって人も多そうです。ファンクションキーは F1、F2・・・F12まであるんですけど、これらのキーの機能はプログラムによって異なります。

ここではWordやExcelなどで文章を入力する際の文字の変換に便利なファンクションキーをご紹介します。

  • F7   カタカナ全角
  • F8   カタカナ半角
  • F9   アルファベット全角 abc
  • F10   アルファベット半角 abc

これらは普通に文章を入力する際、必ずといっていいほど使います。もちろん、スペースボタンで何回か変換すれば出てきますが、覚えておくと少し早く入力ができます。

その他、役立ちショートカットキー

そんなに使わないけど、知っているとちょっと得するショートカット類

  • Windowsロゴキー + D   デスクトップを表示する
  • Windowsロゴキー + プラス記号(+)またはマイナス記号(-)         拡大または縮小(拡大鏡を起動する)

Windowsロゴキー+Dはデスクトップにたくさんのウィンドウやダイアログが出ているときに便利です。

まとめ

大半の方が使うだろうと思うショートカットキーをまとめてみました。

個人的には全部覚える必要はないと思います。使ってみて”便利だな” ”効率が上がったな”なんて感じたものだけで結構です。

こういった細かいテクニックの積み重ねは必ず仕事の効率化に繋がってきますので頑張って活用しちゃいましょう。

SPONSERD LINK
GoogleAdsense 336×280
GoogleAdsense 336×280

記事が役に立った場合は、ソーシャルシェアボタンでシェアしてもらえると嬉しいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする